最近の記事

2006年07月11日

カーボン風ボンネットの件(その経緯)ゲゲ長文

146_1707.jpgカーボン風ボンネットの件、予想通りというか、当然というか、賛否両論ですね。私はネガティブな意見も、尤もと思っています。

→完成後、ショップ前にて記念撮影→

ブログランキング←今日は何位?


さて、ブーンX4の数少ない不満点の一つに、
ボディカラーが「白しか無い」ことが挙げられます。

要するにどのブーンX4もパッと見同じに見えるのです。
勿論、ホイール交換でかなり各自の個性が出ることは判ります。ノーマルより遥かにかっこよくなります。

近い将来ホイール&タイヤも交換予定ですが、
その前に現時点でコストパフォーマンスに優れた俺だけ仕様にできないもんかとイロイロ考えていました。

結果出てきたのが、やはり「色」だったのです。
流石にオールペンする訳にも行かず、行き着いたのは、カッティングシートです。

当初は、光沢黒かつや消し黒をボンネットに貼ってやろうかと画策しました。

折角だからプロ用のシートでも買うかと
イロイロとググってみたら、結構カッティングシートのプロショップってあるんですね。

で、行き着いたのは

GTSマーキングという専門ショップです。

ここの社長の二平(にひら)さんって以前全日ジムカーナで活躍した方で、
HP見るとわかりますが、全日本戦の競技車への施工など多いです。
アノ山野哲也選手の今年のジムカーナ車両のS2000もここの仕事です。

ホームページ見ていて、
今回の運命の「オリジナルカーボン調シート」を発見してしまったのです。 

とりあえずすぐメールして、
見積価格とか、施工に関する相談とか、カーボン調シートへの質問など
を確認しました。
非常に丁寧なメールが返信され、その内容で
好感度というか信頼できそうなお店と思いました。
メールはかなりやり取りしましたが、その都度丁寧に答えて頂き、非常に安心できました。

シートのサンプルも頂き、本物のカーボンパーツとも見比べて、
結果的に「ミドルダークの1.77ピッチ」というシートにしました。
かなり近いと思いました。
黒のサンプルも送って頂いたのですが、やはりここはカーボンかなと思いました。

ただ、その時点で
「ブーンX4にカーボン調のシート」って事自体に
本当にありか?ダサくないか?と悩んだのも事実です。
アンケートのネガティブなご意見は私の意見でもあるのです。

が、やはり俺だけのブーンX4にしたかったので、
カーボンシート貼ることにしました。

当初シートだけ購入して自分で施工。も考えたのですが、
やはり気になるのはエアインテーク部分。
かなりRもきつく上手く貼るのは難しそうです。
メールで相談もしたのですが、「かなり難しいと思います」との返事。
シワシワで切り貼りだらけじゃカッコ悪いので、
今回はプロ(お店)に全てお任せすることにしました。
※事実別のショップにも問い合わせたのですが、
 難しいからとエアインテーク部の施工は断られました。

2点ほど困った点が。まず一つ目。
ホームページのFAQを読んでいて発見したのですが、
「コーティング処理された車には施工できない」との内容が!
コント55号は、TZ5施工済みです。
「どうしてもダメですか?」と聞いたら「ダメです、着きません」とのお答え。
男らしく、TZ5の除去もお願いしました(ボンネットのみ)

もう一つ困った点は、
GTSマーキングさん、土日は休業です。
よって、平日に入庫・引取りする必要があります。
まあ、この辺は現在クルマ中心モードなので、なんとかスケジュールの都合つけ対応しました。

で、先週出来上がったクルマを引き取って来ました。
出来上がりは見事です。さすがプロ。
ボンネットは当然1枚で覆っていて、エアインテーク部もほとんど1枚です。
見事ですね。若干切り貼りありますが、ほとんど気になりません。

となりに本物カーボンのクルマを持ってきたら
当然違うと思いますが、
主観も混じり、「今回はアリ」かなと思います。

将来カーボンボンネットも発売されると思いますが、
鼻先の軽さとか、自分でわかるか自信無いので、
今のところコレで十分です。
ただし、エアアウトレットの穴が空いているのは
魅力的かも。

ところで、今回の施工にかかった総額ですが、
車種によって大きく違うこともあり、
数字の一人歩きが怖いから金額の掲載はやめてとショップさんにお願いされたので、
申し訳ありませんが、ここでは書きません。
※昔営業してた頃数字の一人歩きに痛い目にあった覚えがありますので理解できます。
興味がある方は、お店に直接コンタクトしてください。
懇切丁寧に相談に乗ってくれると思います。

安くは無いですが、高くもないと思います。
個人的には、「費用対効果」的にやる価値ありと思える価格でした。

※みんカラとかに約いくらって書いちゃってますけど・・・・

ただ、これから暑くなる季節、
黒いボンネットに熱的なメリットは無いですね。。。。

PS
家族の評価はメチャクチャ悪いです(爆)「ナニこれ?」「かっこ悪い!」「元に直してよ!」←恐らくコレが一般人の評価かと・・・・・

ブログランキング←今日は何位?
この記事へのコメント
ytun さん
いろいろ悩んだ末の決断だったのですね。この手の張り物はコーティング車には不可のことが多いですが、やはり例外ナシだったんですね。しかもちゃんと除去までするなんて、実に男らしいです!!
いいことかは分かりませんが、降雨後のエアインテーク周辺からの黒い縦筋の汚れは目立ちにくくなるかと思います。デメリットとして、やはり実際の塗装と比べると素材の性質上軟らかいですから、細かい傷(磨き傷とか)は逆に目立ちやすくなるかも知れません。

X4が白ボディしか用意していないのは、今回のytun さんのように"自分色"にカスタマイズすることができるように、敢えて他の色を用意していない…と都合の良い方向に解釈してもイイと思います。現にX4はモータースポーツベース車としてカスタマイズすることがある意味前提のアツいクルマですから、外見の個性についても然りだと思いますよ。

ご家族からの反応は少々寂しいモノがありますが、ytun さん的には想定内…!?(笑)
Posted by A101S at 2006年07月12日
A101Sさん
Goサイン出すまでは実は悩みました。
でも、「ま、いっか」と結構軽く、go!
>細かい傷は逆に目立ちやすくなるかも
そうですね。
でも、エアインテーク脇のスジが見えにくくなるだけでも嬉しかったりして。
競技車はいろいろとハデにカラーリングされるから、白が都合いいんですよね。
わかっちゃあいるけど・・・
でも、とりあえず個性的になったのでヨシとします。
最近パパっ子の次女は賛成するかと思ったら、ダメでした。。
Posted by ytun at 2006年07月12日
ytun さん
DCCS車両なら白/赤カラーリング、Dスポなら全部黄色…って感じで、ベースが白ならいろいろできますもんね。でもHGPには純色系(赤や黄色とか)があっても良かったかも!?

昔はそこら中に蔓延してた(特にRV車)ツートーン塗装も、近頃では一般的ではなくなってますので、一部だけ色が違うというのに次女さんは馴染めないのではないでしょうか(笑)。
Posted by A101S at 2006年07月12日
インテRの時、
4ドアだけに設定されているシルバーにしようかなって思ったのですが、
営業マンに「チャンピオンシップホワイト」にしましょう!
と泣きつかれてそうしました。結果的にそれで良かったのですが。
インテの場合は歴史的な白という理由(RA272の色)があったのですが、
ブーンX4はそういう背景はないですからね・・
ちなみにインテの時はspoonのカーボンボンネット興味あったのですが、
結局つけませんでした。

確かに最近ツートンカラーって見ませんね。
ダイハツワークスカラーもいいなあと思う今日この頃。
Posted by ytun at 2006年07月12日
家族の反対はきついですが
私的にはytunさん応援の方向でw

私も前車のときに同じくあーだこーだと言われましたが
個人的な問題ですから・・・


あー家族の反対押し切ってユーロテイルとカーボンボンネットと
アイライン装着とサイドミラー交換してぇ・・・(ぁ
Posted by Beryl at 2006年07月12日
Berylさん
家族の不評ぶりは気にしてないですよ。ファミリーカーですが俺の趣味だし。
どうせマフラー変えればうるさい!って言うだろうし、足回り変えれば乗り心地悪いって言われるだけですよ。それだけです。
でも、夏の間、キャンプ用にルーフキャリアつけますが、
ルールキャリア+カーボン調ボンネットはちょっとシュールですね・・・・
Posted by ytun at 2006年07月13日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。