最近の記事

2006年10月15日

フロントブレーキパッドをHC+に交換

100_2882.jpg先日届いたパッドを自分で交換しました。プロジェクトμのHC+です。

交換自体は非常に簡単でした。ノーマルのパッドはとんでもない事になっていました。

ブログランキング←1日1クリック

久しぶりのパッド交換でしたが、予想以上に簡単で拍子抜けです。

まずいろいろ準備。

100_2870.jpg
パッドと前回使ったフルードとブレーキクリーナとブレーキグリス。

工具は特殊なものは不要です。メガネレンチとウォータポンププライヤがあれば出来ると思います。

ウマでフロントを両輪上げたら左側から開始です。

100_2871.jpg
シングルポットの単純なキャリパーです。おお、TOKICO製だ。ちなみにパッドはHITACHIって刻印ありました。

100_2872.jpg
悲しい程減った純正パッド・・・・悲しいと言うか、危険レベル。

100_2873.jpg
キャリパーの下のボルトを取ります(14のメガネで)。するとキャリパー全体が上に持ち上げられます。整備書には針金で吊れって書いてあったけど落ちてくる感じはないですね。

100_2875.jpg
ヒドイ状態になっていた純正パッド。
一部炭化してしまし、ロータとの当たり面がきれいに出ていません。コレはヒドイです。
ちなみに、写真で上のパッドが内側のパッドなのですが、向かって右側にステーが付いています。これが減り減りセンサーですね。
単純にパッドが薄くなってくると、このステの先端がローターと干渉してキーキーと音が出るのです。
ロータとの接触面はきれいに研磨されたようになっていました。

このステーセンサーはパッドのあたり面とは別の位置では無いかと思ったのですが、思いっきりパッドが当たる面と同じですね。
ローターを確認しましたが、問題になるような減りはありませんでした。

が、パッドが減りすぎてキーキー言いだしたら、すぐにパッドを交換する事を推奨します(当然ですね)

なお、社外品のパッドに交換したら、このステーは付いていないので、注意してください。日々の点検で目視チェックですね。

100_2885.jpg
全部並べるとこんな感じ。

100_2883.jpg
あと、内側のパッドは斜めに減っています。シングルポットだから仕方ないですね。外側のパッドのほうが減っていたので、目視で外側のパッドの厚さを確認していれば大丈夫だと思います。

100_2876.jpg
さて、コレがシリンダー。フルードによってコイツが押されてパッドを押すわけですね。
パッドが減ってくるとこのシリンダがどんどん出てくるわけです。
このシリンダを押し込まないと、新しいパッドは入りません。
このシリンダを戻す専用工具もあるのですが、ウォーターポンププライヤでやりました。
古いパッドを当てて、キャリパに傷つけないようにプライヤではさむと、結構簡単に戻りました。専用工具は不要ですね。完全に凹むくらい押し込まないと新品パッドは入りません。

100_2878.jpg
どんな感じかなあ。とつけてみます。おお、きれいきれい。ってほとんどシムで隠れちゃいますが。

100_2879.jpg
パッドの裏面に鳴き予防用にブレーキグリース塗って、シムを組み付けます。シムは1枚のパッドに対して2枚あります。
純正のパッドについていたようにつければok。次回はぷろぺら935さんにもらったグリース試してみようっと。

100_2880.jpg
シム組み込んで、組み付け。
うーーん。かなり地味になってきた。

100_2882.jpg
ほんで、キャリパーを戻してボルトで留めれば完成。外からの見た目はこんな感じです。

100_2881.jpg
同じ手順で、右側も換えます。
パッドの減り具合は左右同じ感じでした。

先週筑波サーキット走ったので、念のためフロントリアとも、エア抜きをしておきました。(ご近所のBMW乗りの(仮)むーさんにお手伝いお願いしました。むーさんありがと)

あと、フロントとリアのタイヤローテーションもしておきました。(10/29の本庄に向けて

さて、インプレ

このHC+というパッド、非常に温度域が広くて(0-800℃)、日常使用時が大丈夫かなと思ったのですが、杞憂に終わりました。
初期制動力も高く、ダイレクト感も向上した感じです。
純正に比べるとかなり『効く』って感じですね。
ロータとのあたりがまだ出ていないと思うのでなんとも言えませんが、現状ではブレーキ鳴きも無いです。(コレはシムのおかげ??)

メーカーのうたい文句通りであれば、サーキット走行でも期待できそうです。

リアはどうするか現状未定ですが、フロントは社外品に換えた方がいいと、私は判断します。

しかし、交換は簡単だったなー。

ブログランキング←1日1クリック

この記事へのコメント
うわぁ…ホントにギリギリだったんですね。間もなく下地が出そう(汗)。パッド当たり面を下にした写真を見ると、偏摩耗状態がよくわかりますね。

ちなみにトキコは日立の子会社で、日立オートモーティブ(うろ覚え)という会社名になってたと思います。
Posted by A101S at 2006年10月18日
A101Sさん
超ギリギリでした。とういか筑波の最後の走行は危険でしたね。ベストタイム出たけど。

トキコの件
http://www.tokico.co.jp/
本当だ。知らなかった。モータスポーツの世界だとTOKICOのステッカーって良く見たのになあ。
Posted by ytun at 2006年10月18日
シム抜きの件ですが、今までのショップでは取る方針だったのですが、取扱うオイルの関係で違うショップの人にオイル交換ついでに聞いてみたら
「んー遮熱と鳴き防止の意味もあるから全部抜くのもね…2枚付いてるなら1枚は残した方がいいかも。熱対策ならバックプレート取ると、すごい温度下がるよ。取っても影響ないから。」だそうです。
ショップによっても見解はマチマチです。
とりあえず社外に交換するまでは2枚入れておきますよ。社外に交換する時はシム抜きやってみます。
Posted by ブンブンブーン at 2006年10月18日
ytun さん
日立の一員にはなってますが、トキコというブランド力(?)は大きいので、ブランド名としては残っているようです。
そんなこともあって、キャリパにはトキコと書いてあるのに、パッドは日立…ということもあるみたいです。結局は同じ会社なんですけど、古くからあるトキコの互換性を明示するための名残かもしれません。

ブンブンブーン さん
シムの役割について、個人的にはそのショップの考え方に賛同です。特に遮熱の方に意味があります。
鳴きについては…シム自体で鳴きが抑えられる原理がよく分からない(苦笑)のでなんともいえないですが、グリスを塗るのにシムがないとダメですから、そこで鳴き止めの効果もある…とされているんでしょうかね?
Posted by A101S at 2006年10月19日
ブンブンブーンさん
いまだに鳴き防止のメカニズムが判りませんけど、遮熱ならわかります。
バックプレートってディスク裏にある保護用の円盤状の板ですか?
ダート走らないなら確かに無くても良さそう。。

A101Sさん
元TOKICOはダイハツのみならず
各社の純正足回り系パーツを担当している気がします。
Posted by ytun at 2006年10月19日
ytun さん
その通り、トキコは複数の自動車メーカーと繋がりがあります。トヨタにも納入してますし、あと日産もだったかな?他は知らないです(汗)。ブレーキ以外でも関わっている会社ですから、外せない企業ですね。
トキコは純正納入のブランドとしては大きなマーケットを持ってますが、アフターマーケット市場ではおとなしいですね。今回ytun さんがチョイスされたPMUやエンドレス等々…、活発なメーカーはいっぱいありますし(汗)。

そうそう、我がA101S号に入れたWinmaxパッドにはブレーキセンサ(減りセンサ)が付いてます。
Posted by A101S at 2006年10月19日
バックプレート、その通りで、ディスクの裏側に付いてる黒いプレートです。
付いてる意味としては、ブッシュへの遮熱と石噛み防止です。
ショップの人が言うに、欧州車には付いてないことが多い、付いてなくても石を噛んだりすることはほとんどない。ブッシュへの遮熱が気になるなら、ブッシュ自体にアルミの遮熱シートを付ければ良い。とのこと。

鳴きはパッドとローターが接触(制動)する時の微振動で発生します。
シムがあることで、パッドの微振動を吸収、ある程度抑えることが出来ます。
ポット→シム→パッド→ローターの順番で力が伝わる。間にシムが入る分ダイレクト感は薄れます。
ちなみにシムなしの場合は、グリスは塗れない訳ではなく、パッドもしくはポット自体にグリスを薄く塗ってると思いますよ。もしくは塗らないかも。
Posted by ブンブンブーン at 2006年10月19日
A101Sさん

>アフターマーケット市場ではおとなしいですね。

わかんないですよー
実はアフターマーケット市場でもOEMでパッドやシューなど供給してたりして。

そう言われると昔インテに入れたパッドもセンサついてたな。銘柄忘れたけど。


ブンブンブーンさん
確かに無くても石は噛みそうにないですよね。むしろあるほうが、ロータとプレート間に異物が入りそう。

>微振動で発生します
ナルホドと思いつつ、「キーーーーー」って高い音は、パッドとロータの摩擦音じゃないのかなあ?と思う今日この頃。

自分のHC+でシム外して調べればいいのですが、現状ブレーキ鳴きがないから、調べようがない。
Posted by ytun at 2006年10月20日
ブンブンブーン さん
鳴きは微振動から…ナルホドそれなら辻褄が合いますね。シムを抜くことでダイレクト感を得る反面、鳴きは増加の方向に。
シム抜きの状態でグリスを塗るとなると、ポッドがベタベタになりそうで、個人的にはイヤだなぁ(汗)。

ytun さん
あ…確かにOEMとしてならあるのかも。トキコ自身のブランドでも、一応アフター用のモノがありますが、ネーミングが(苦笑)。
Posted by A101S at 2006年10月20日
>微振動で発生します
パッドとローターがこすれたときに発生する微振動がローターをシンバル(もしくはドラ)のように振動(共震)させてブレーキ鳴きが発生します
そのため微振動を減衰させるためシム(ただの鉄板に見えますがビニールコーティングされているものが多いんです)や粘性の高いグリスを塗って減衰性能を高めています
そのほかにも微振動をおきにくくするために局所的に圧力が高まりやすいパッドの角を丸めてみたり、パッドの形状を摩擦材全面であたらないように削ったりすることもあります
まあ、人によってはブレーキ鳴きはブレーキがちゃんと効いてる証なんていう人もいますので…あまり神経質にならなくていいかもしれません
Posted by ぷろぺら935 at 2006年10月21日
スポーツパッドやサーキットパッドが鳴くのは、温度や材質によるところが多いです。
ストリートパッドより硬かったり、ローター温度が低い場合に発生することが多いです。だからシムありでも発生する場合があります。
結局原因は微振動です。
シムなしの場合は、そんなにグリスべたべた塗らなくて大丈夫ですよ〜
油脂類は、なるべく高価なものを、薄く塗る。これが機械類を円滑に動かし、長持ちさせるコツです。べたべた塗ったから余計に長持ちする訳でもないし、もったいないだけです。
Posted by ブンブンブーン at 2006年10月21日
とりあえず、10/29に本庄サーキット走ってみて、純正より効いて、減らなくて、そこそこコントロールできればOKです。
今のトコ鳴きもないし。

ブレーキパッドなんていくつも試すのは面倒だし金かかるから、HC+が俺に丁度よければいいなあ。
Posted by ytun at 2006年10月21日
まあ使って不満がなければ、それを使い続けるのも手ですよ。
私は意外と目新しい物好きですけど、一度これ!って決めると、それしか使わないですね(矛盾してる!?)
スポーツパッドは鳴きが出る位でちょうど良いって思うのは、私だけですかね?何か変えてあるな!みたいな感じで鳴く方が好きですね〜
あるチューンをしたら、メチャクチャフィーリングと燃費が良くなった反面、エンブレが効かなくなって、ブレーキがキツくなったので、パッドとシューを温度域の高い社外に変えようと画策中です。
前車で踏んだ分だけ効くエンドレスのフィーリングが良かったので高いけど特注するか?比較的安いウインマックスのカタログから選ぶか?ショップに相談中です。どちらにしようかな…?
Posted by ブンブンブーン at 2006年10月22日
別にブレーキ鳴きしてもいいのですが、無くてもブレーキが強力に効けばいいです。今はその状態。

>あるチューン

??謎
Posted by ytun at 2006年10月22日
たしかに満足すればokですね!満足とパクリは自分流いじりの基本〜
あるチューンというか、装着しただけですが、グランドブースターとシルキーユニットという商品です。
いわゆるアースなのですが、今までこの手の電気系チューン商品は「まゆつばもの」だと思ってました。
ショップの人がかなりすごいって言うし、装着の裏技も教えてもらえたので、半分ダマされた気分で買って、付けてみたところ…!
え!?これがブーン!?ビックリする位フィーリングと燃費が良くなり、付けた次の日ショップへ報告に行った位です!
走る距離によっても違うけど、燃費から計算すれば、3〜6ヶ月で回収可能!あとは全てプラス!
裏技でブースト計の針もピャンピャン動く!=レスポンス抜群!
その位効果あり!是非お試しあれ〜
Posted by ブンブンブーン at 2006年10月23日
なるほど、ソッチ系ですか。
コレかな?
http://www.audiolabo.co.jp/ground/index.html
私もソッチ系はまゆつばな人です。

ブッチャケ燃費はどうでもいいです。
走り方次第でどうにでもなるし。土日しか乗らないし、ファミリー使用時は家計だし。ガソリン枯渇しても俺のせいじゃないし(笑)街乗りで8km/l行かなくても、あ・そーですか。って感じだったり。

でもフィーリング向上は興味あります。

いつかオフミで装着車両があったら体験してみよう。

燃調が濃い目って感じなので、ECUチューンでもう少し適正燃調になって、燃費が向上するならば非常に興味あります。まゆつばじゃ無いし。
そのためなら、10万円も惜しくないかな。
Posted by ytun at 2006年10月23日
それですね。
燃費もですが、本当にフィーリングの向上には驚きです!「まゆつば」ではなく「本物」!
10/29の本庄の時に、私も行けたら試してみますか?すぐにブースト計の針の動きの良さとフィーリング向上は体感出来ると思います。
Posted by ブンブンブーン at 2006年10月23日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25504740
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。