最近の記事

2007年04月14日

吸気温度計完成です

安いデジタル温度計と、延長コードを使って、吸気温度計を作りました。

CIMG0218.JPG

でもコレってよくよく考えると、吸気温度というより、エアクリ入口部分空気温度計ですね。

ブログランキング←ブログランキング応援ヨロシク


まずは、車体現物合わせて、温度センサーケーブルを延長しました。

CIMG0214.JPG

半田付けしてから、熱収縮チューブで保護しました。

車いじりで半田付けまでするとは思いませんでしたよ。

確実な接続とか抵抗とか気になったので半田付けしてみました。半田ごて使ったの久しぶりです。

CIMG0215.JPG

結局、1.5メートルくらい、延長しました。

室温で試してみましたけど、まあ大丈夫みたいですね。

CIMG0216.JPG

温度センサーはココにつけました。

エアクリのボルトにステーを共締めして、タイラップで固定しました。

CIMG0217.JPG

測定場所として、適当なのかどうか良く分かりませんが、ある程度傾向はわかると思います。

いつもの、イエローハットの駐車場での作業です。

ちなみに、センサー線はブーストコントローラのケーブルと同様に、

フロントフェンダ内、右ドア部から室内に引き込みました。

CIMG0219.JPG

デジタル温度計は、ファンコントローラの上につけました。

もう、見た目のスマートさは無くなってしまいましたね。メータばっか。雑然!

でも、俺にとっては見やすいから全然OKなのです。

500円ですからねえ。夜になると何も見えなくなります。

ちなみに、

今日走ってみて、それなりに踏んだ街乗りで45-50℃くらいでした。

車停めてエンジン止めると、みるみる上がり60℃くらいになりますね。

この温度計はピーク値が記録できる機能があるのですが、

車を停めると温度はあっというまに上がるので、本当は時間でトレンドが記録できるといいんですけどね。

500円だしな。そんな機能はないです。

夏の走行中にどのくらいになるのか。

なんか対策するとどのくらい下がるのか。

そのデータ取りに使います。

ブログランキング←ブログランキング応援ヨロシク

この記事へのコメント
つまり「外気温度計」というわけですな(ォ

まずは良いじゃないですか。
それで不満がでてきたらそれなりに
工夫したりモノを換えたりするんでしょうから。

気にすることが大事なんだと思います。

あ、でもそれだと「インタークーラーウォータースプレー」の
効果が確認出来ませんね(ォ(ォ
Posted by 改 at 2007年04月15日
>つまり「外気温度計」

まあ、そんなところです。
でもこんなところでも測定しないと、何度なのか全くわかりませんからね。

かなりの自己満足イジリですけど、それでok。

やはり本当はICの前後のエアの温度が知りたいですね。
Posted by ytun at 2007年04月15日
以前ダートラ車でインタークーラーの後ろに給気温センサー取り付けた車に同乗させてもらったことあります、インマニにタップ切ってセンサー埋め込んでました
その車両は、インタークーラーをエンジンの上部につけたままとラジエターの前に移設した時の吸入温度の差を見るため取り付けたそうです
ちなみに車種はGC8でした。
Posted by tomo at 2007年06月18日
tomoさん
ありがとうございます。
そうですね。努力を惜しまなければIC後の
吸気温度は測定できますね。
一応継続的に検討はしています。

ブリッツのR-VIT i-color Frashをつければ
見られますが、今更4万円かけてもなあ。。。
Posted by ytun at 2007年06月18日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。