最近の記事

2007年05月27日

板持ち上げ計画:その3(完成)

板持ち上げ計画、すなわち『ボンネット後部隙間拡大による熱気放出及びエンジンバリバリ調子いい計画』が完了です。

RIMG0873.JPG

こんな感じです。

ブログランキング←ブログランキング応援ヨロシク


午前中にパーツの加工が終わったので、

午後装着してみました。

RIMG0876.JPG

右側はこんな感じ

RIMG0875.JPG

左側はこんな感じ。

ボンネットの交換だと人間が二人いた方がいいのでしょうけど、今回はボンネットとヒンジ金具にアダプタを入れるだけなので、なんとかなりました。

RIMG0874.JPG

このくらい浮きます。

ヒンジ部分で20mm浮いています。

RIMG0877.JPG

ついでだったので、ボンネット後部からの水浸入を抑えていると思われるゴムと

ボンネットの裏のナンダコリャ??適当な仕事しやがってって感じのスポンジを取りました。

さて、効果絶大!と言いたいところですが、

持ち上げる前の温度データをきちんとした条件で測っていないので比較不可能です。

先人立ちの情報だと、かなり熱気が出るようなので、

悪くは無いのではないかと思います。

という訳で

見た目がまた個性的になりました(こっちが大事)

PS:大雨の時とかちょっと心配。

ブログランキング←ブログランキング応援ヨロシク

この記事へのコメント
ytunさん こんばんわ。
なるほど、底上げで隙間つくって放熱ダクトですね。
これは理屈抜きで熱気が逃げやすくなるのは明らかですね。
確かに大雨の時は心配ですが、ytunさんのキノコは真ん中だから大丈夫?
見た目も何気にレーシーな感じでいいですね。
Posted by sid at 2007年05月27日
sidさん こんにちは

>ytunさんのキノコは真ん中
そうなんですよ。
マスターシリンダーの前に行っていたら
流石に簡単には出来なかったかな。
板で囲めば大丈夫かもしれないけど、本末転倒な感じだし。

当初15mm角の素材で考えていたのですが、いいやいっちゃえ!と20mmにしたのですが、丁度良かったです。
Posted by ytun at 2007年05月27日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。