最近の記事

2007年09月09日

ブレーキ:その12 AP Racing装着完了!→素晴らしい!!

T-ringさんでフロントブレーキをAP Racingの4ポットキャリパーに変更しました。

IMGP2247.JPG

ブレーキの効きが全く違います。勿論良くなりました。

ブログランキング←1日1回応援お願いします


完成後大原社長が試乗しましたけど、「ようやく普通に効くようになった」とのコメントです。

確かに!(笑) ノーマルのブレーキシステムは、あれは駄・・・・(略)

写真付きで簡単に装着レポートします。(装着したのはショップのメカの方ですが)

105_4335.jpg

AP Racingのレーシングキャリパー(中古)
ストリート用ではなく、F2とかF3とかのフォーミュラカーのレース用のキャリパーです。
当然ダストシールはありません。
でも、ブーンX4のフロントのダストシールは結局ボロボロになるので一緒です(笑)
アルミ製なのですっごく軽いです。型名:CP3344
社長が昔ジムカーナ車両に装着していたキャリパーです。勿論現品限り。

IMGP2232.JPG

APキャリパーをブーンに装着するためのステー。もちろんワンオフ物です。

IMGP2233.JPG

今回使うディスクローター(新品)
AE111レビンのリア用の純正。
多くの方にとって予想外と思いますが、ソリッドディスクです。ベンチレーティッドでは無いです。
直径測ったら265mmでした(ノーマルは246mm)

ちなみに純正ロータ→IMGP2256.JPG
もう、ガタガタでした。

IMGP2234.JPG

ブレーキホース(中古)
EARL'Sのステンメッシュホースです。
元々このキャリパーについていました。

IMGP2236.JPG

Axisのパンオフパッド(新品)。ジムカーナ用とのこと。

IMGP2237.JPG

純正サイズパッド(μのLM700)との比較。パッド面積はあんまり変わらない?
しかし、純正ロータもこのパッドもガタガタでボロボロでした・・・・・

IMGP2239.JPG

作業自体はお任せなので、見ているだけです。なかなか大変そうでした。

IMGP2246.JPG

はい、右側完成。

IMGP2244.JPG

左側の交換前。懐かしい。さようなら、純正ブレーキ。もう二度と使いません。さようなら。

IMGP2245.JPG

左側、交換後。こんにちはAP。これからよろしく。長い付き合いになる?

という訳で、完成です。

交換前 交換後
IMGP2231.JPG IMGP2249.JPG

こうして比較するともっと大きいロータでも大丈夫ですね。
ていうか、純正のロータが小さすぎるのだ。これでオプションの大径ブレーキだからな・・・・・さびしい話。

【交換後のインプレッション】
社長は試乗してもう少し効きが良くなると期待していたようですが、
実際に自分で運転してみると、全く変わっていました。大違いです。
ジムカーナ用パッドということもありますが、制動力の立ち上がりとか、レスポンスとか段違いに良くなりました。

今まで、エンドレスとかプロジェクトμのスポーツパッドを試してみて、
「うーーん、確かに良くなったような・・・でも所詮こんなもんか」
位の感想しか無かった私ですが、
今回はあまりに違うのではっきりと良くなったことがわかります。
まるでブレーキそのものを換えたみたいです。

あ、換えたんだった。

全体的な剛性感、制動力は格段に良くなりました。
が、踏んでいる時のスポンジーな感じはまだ残っていますね。
社長の話ではマスターシリンダ容量、マスター周辺の剛性、ペダル周辺の剛性不足じゃないか?とのことです。
BMCSは結構効果的との事なので、そのうち導入します。
うーーん。お金がないから年内には。。。。って感じで。

もっとハードな状況下とかサーキット走行時にどうか?
はわかりませんが、今のところ非常に好感触です。交換してよかったです。

【重量の件】
ブレーキ交換なので、バネ下重量は気になるところです。各部品の重さを測ってみました。

純正部品   交換後部品  
キャリパ
+パッド
3.2kg キャリパ+
ステンメッシュホース
1.8kg
ブレーキ
ホース
0.1kg パッド 0.6kg
ローター 3.9kg ローター 3.4kg
    ワンオフステー 0.6kg
    ワイドトレッド
スペーサ
0.8kg

合計

7.2kg

合計

7.2kg
↑左右片側部品の重さ

キャリパがでかいし、ワイトレもつけるから、バネ下重量は増えるかなと諦めていたのですが、
レーシングキャリパーって滅茶苦茶軽いんですねーー
偶然ですが、今回のブレーキいじりで、重量の増減は無しでした。ラッキー!!

【おまけ】

IMGP2254.JPG

お役ごめんの純正キャリパー。改めて持つとズシリと重いですね。

IMGP2253.JPG右もIMGP2252.JPG左もダストシールはボロボロでした。根本的にダメなんだろうな、と思った。

100kmも走れば、パッドとロータのあたりがかなり出るから、もう少し効くようになるだろうとの事でした。

ますます楽しみです!

ちなみに今回のかかった総額は、パーツ代(キャリパ+パッド+ステンメッシュ+ロータ+ワンオフステー)+工賃で総額約16万円です。

個人的にはかなりコストパフォーマンスがいいチューニングと思っています。

9/24のTC2000走行会がますます楽しみになりました。

ブログランキング←1日1回応援お願いします

この記事へのコメント
新ブレーキシステムおめでとうございます。
効きもコントロール性もよさそうですね。
またいつか参考にさせていただくかもしれません。
ストッパーは油圧の負担が心配です・・
でも自分好みの踏みしろの感覚を手に入れられるなら大したリスクではないかも・・
自分はちょいスポンジーに慣れたんでそれでOKにしますw
Posted by sid at 2007年09月09日
うーん、まだどの程度のコントロール性かはわかりません。
でもこの辺はパッドの材質でコントロール可能かな。
しばらくはこの仕様で試してみます。
Posted by つん at 2007年09月09日
おおお!カッコいいですね〜^^

ノーマルと全然違くなったようですね^^
ローターデカイし^^;w

しかしフォーミュラーカーのキャリパー
付けるなんて凄いショップですね!
仙台にもそういうショップ有るのかなぁ?^^;
(無いな多分・・・orz)

しかしこれで16万って安いですね^^;
マジで羨ましいです^^
Posted by ざっぱー at 2007年09月09日
ざっぱーさん
ありがとうございます。

パッドを換えるよりは遥かに効果を確認できました。
このくらい変化があると「換えたー」って実感できて嬉しいです。

今回はたまたま社長の手元にこのAPがあったので
レーシングキャリパー化ができました。
まあジムカーナのD車両をゼロから作ってしまう位なので、
何でも対応可能と思いますけど。
Posted by つん at 2007年09月10日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/54499163
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。